公開講演会「みとりと社会」のご案内

生き方死に方を考える社会フォーラム公開講演会
みとりと社会

日時:2014/12/7(日) 14:00-17:00
場所:大阪大学中之島センター3F 304講義室
会場への行き方は、こちらをご参照ください。

第1部 講演 國森康弘 氏 (フォトジャーナリスト)
いのちをつなぐということ~看取りの現場に想う

第2部 フリーディスカッション

「あたたかで幸せな生死を伝えること」「いのちの有限性と継承性」をテーマに、「看取り」の現場を写し続けているフォトジャーナリストの國森康弘さんをお招きします。國森さんは、「看取り」を「いのちをうけつぐバトンリレー」と表現されています。現場での経験をふまえたお話を通して、わたしたちの「生き方死に方」をもう一度考え直してみたいと思います。

講師紹介
國森康弘氏
 写真家、ジャーナリスト。1974年生まれ。京都大学経済学研究科修士課程終了、神戸新聞記者を経てイラク戦争を機に独立。イラク、ソマリア、スーダン、ウガンダ、ブルキナファソ、カンボジアなどの紛争地や経済貧困地域を回り、国内では戦争体験者や野宿労働者、東日本大震災被災者の取材を重ねてきた。近年では看取り、住宅医療、地域包括ケアの撮影に力を入れ、滋賀・永源寺地域の花戸貴司医師らに同行取材している。第22回(2012年度)けんぶち絵本の里大賞、2011年度上野彦馬賞、ナショナルジオグラフィック国際写真コンテスト2009日本版優秀賞など受賞。
 著書に、写真絵本『いのちつぐ「みとりびと」』第1集、第2集(農文協)、『家族を看取る』(平凡社)、『証言 沖縄戦の日本兵』(岩波書店)などがある。
www.kunimorifoto.net/

※本シンポジウムは、申し込みが必要です。

申し込みは、先着順で100名までといたします。必ずメール、FAX、郵送のいずれかで、氏名、人数、返信用連絡先を明記の上お申し込みください。電話でのお申込みはできません。会場のお問合せは中之島センターまでお願いします。なお、満席の節はご容赦ください。

主催:「生き方死に方を考える社会フォーラム」
共催:「大阪大学医療人文学研究会」

連絡先:〒565-0871 吹田市山田丘1-2 大阪大学人間科学研究科(山中浩司)
Fax 06-6879-8078e-mail: yamanaka(アットマーク)hus.osaka-u.ac.jp

**********
このページは会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は会員登録をお願いします。

【旧サイトでユーザ登録された方へ】登録されたパスワードでログインできない場合は、お手数ですがパスワードをリセットし、あたらしいパスワードでログインを行なってください。>>パスワードリセット

既存ユーザのログイン