公開シンポジウム 「心霊(たましい)の行方について考える」

日時:2014/8/16(土) 13:30-17:00
場所:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール

第1部
講演 「心霊(たましい)」 の行方について考える 

大村 英昭 氏 (僧侶・相愛大学教授)

第2部
対談 日本仏教と「供養」

大村 英昭 氏   釈 徹宗 氏 (僧侶・相愛大学教授)

現代人の、また現代人にとって、心霊(たましい)の行方をどう考えるべきでしょうか。人類史上決して消えることのない古くて新しい問題について、僧侶として、また自身のガン体験を通じて考えるところを大村英昭が忌憚なく語りました。第二部では、同じく僧侶として現代人に寄り添う活動を続けておられる釈 徹宗先生にご参加いただき、みなさんとともに、日本仏教と「供養」について考えました。

**********
このページは会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は会員登録をお願いします。

【旧サイトでユーザ登録された方へ】登録されたパスワードでログインできない場合は、お手数ですがパスワードをリセットし、あたらしいパスワードでログインを行なってください。>>パスワードリセット

既存ユーザのログイン