公開シンポジウム「病気になっても早死にしてもいい生き方」

日時:2012年11月3日(土)午後1時30分―5時
場所:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール


第一部 講演「日本人の死に時」
久坂部羊先生(作家・医師)

第二部 鼎談「人生の降り方」
久坂部羊先生
中村仁一先生(医師・同和園診療所)
大村英昭(僧侶・相愛大学)


第一部では、高齢者施設や在宅医療の現場で医師として働きながら、数多くの話題作を発表してきた作家・久坂部羊先生に、ご自身の体験に基づく興味深いお話をうかがいました。長生きが幸福につながると一概にいえないのと同じように、病気や短命でさえ必ずしも悪いことばかりではない、と先生は話されます。第二部は、過剰な医療に警鐘をならす医師の中村先生、社会学者であり僧侶でもある立場から「生と死」を見つめる大村先生との鼎談です。詳細はどうぞビデオをご覧ください。

**********
このページは会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は会員登録をお願いします。

【旧サイトでユーザ登録された方へ】登録されたパスワードでログインできない場合は、お手数ですがパスワードをリセットし、あたらしいパスワードでログインを行なってください。>>パスワードリセット

既存ユーザのログイン