公開シンポジウム「続 男もつらいよ~夫源病の著者に聞く男の生きづらさ」

日時:2013年7月15日(月・祝)午後1時30分―5時
場所:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール


第1部
講演「長寿時代の男性の生き方:太く短くから細く長くへの転換」

石蔵文信(医師・大阪樟蔭女子大学教授)

第2部
ラウンドテーブル「超高齢社会と男性の生き方」

パネリスト
石蔵文信
伊藤公雄(社会学者・京都大学教授)
大村英昭(社会学者・僧侶・相愛大学教授)
司会)山中浩司(社会学者・大阪大学教授)


第1部では、循環器科医師で『夫源病(大阪大学出版会)』の著者である石蔵文信先生をお迎えし、 著作の内容を踏まえ、教育現場、就職活動、家庭生活から退職後の生活においての「男性の生き方」についてお話を伺いました。先生のお人柄と共にユーモアあふれる内容で、会場は終始なごやかな笑いに包まれていました。
第2部は、伊藤公雄先生と大村英昭先生も交えたラウンドテーブル形式のディスカッションです。

**********
このページは会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は会員登録をお願いします。

【旧サイトでユーザ登録された方へ】登録されたパスワードでログインできない場合は、お手数ですがパスワードをリセットし、あたらしいパスワードでログインを行なってください。>>パスワードリセット

既存ユーザのログイン