公開シンポジウム「中高年・高齢男性の生き方再考」

生き方死に方を考える社会フォーラム公開シンポジウム
「中高年・高齢男性の生き方再考」

日時:2017年12月10日(日)午後2時〜5時
場所:大阪大学中之島センター 5階 507号室

第一部 「夫原病の原因にならないために」
話し手:石蔵文信
第二部 ラウンドテーブル「『定年後』を読む」
石蔵文信、伊藤公雄、阪本俊生、山中浩司

〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53
TEL 06-6444-2100
京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分
※大阪大学中之島センターは、中之島駅の東、 正面玄関は中之島通に面しております。 10階建ての最上階がガラス張りで薄緑色に見える建物です。

入場無料、申し込み不要です。当日直接会場にお越し下さい。

共催:大阪大学人間科学研究科未来共創センター

お問合せは下記まで。
565-0871 吹田市山田丘1-2 大阪大学人間科学研究科 文化社会学研究室 山中浩司
FAX: 06-6879-8078, mail: yamanaka(アットマーク)hus.osaka-u.ac.jp

 

書籍刊行のお知らせ

当フォーラムの活動から、本が生まれました。大阪大学出版会から2冊同時刊行です。ぜひ、お買い求めください。

阪大リーブル055
大村英昭,山中浩司 編/石飛幸三,久坂部 羊,釈 徹宗,中村 仁一 著 『とまどう男たち―死に方編』
定価1500円+税
ISBN978-4-87259-436-2 C1336
発行年月:2016年07月

退き際のダンディズムとはなにか。大村英昭氏の絶筆となってしまった本書は「生き方編」とともに「あきらめの男性学」を示す。石飛幸三、中村仁一、久坂部羊の目前に死をとらえたエッセイとともに、男が自殺する理由、死に場所、死に方、いのちが尽きようとしたとき必要なエクササイズ、心霊(たましい)の行方までをたどる。本当の男の道とはなにか。生きているうちに「死」が視野に入る、気づきの書。  

阪大リーブル054
伊藤公雄,山中浩司 編/石川 翠,石蔵文信,阪本俊生,橋本 満,平野孝典,古川岳志 著 『とまどう男たち―生き方編』
定価1600円+税
ISBN978-4-87259-435-5 C1336
発行年月:2016年07月

「男」は病気か? 息子に「おまえ幸せかい?」と尋ねる親はどれくらいいるだろうか。男子として生まれた不幸は、ある。男は戦闘的である必要が減り、Y染色体は短縮され、容貌は美しくなり、女性も社会で活躍するようになってきた。しかし、男は若いうちから徐々に孤立し、女よりも腹の脂肪が増え、自殺率が増えているのだ。高度経済成長時代から時代が変わり、とまどう男たちに何が起きているのか。死に方編との同時刊行。