石蔵文信と考えるコロナ禍での死生観 (Zoomミーティング)

生き方死に方を考える社会フォーラム
「石蔵文信と考えるコロナ禍での死生観」
→イベントチラシはこちら


コロナ禍でがんになってわかること、思うこと。石蔵文信氏が考える生き方死に方をシリーズでお届けします。第一弾は「コロナ禍での死生観」です。

日時:2021年5月23日(日) 14:00-16:00
オンライン開催(Zoomミーティング)

講師:石蔵文信(大阪大学 人間科学研究科 附属未来共創センター 招へい教授)
パネリスト:伊藤公雄(京都産業大学)、阪本俊生(南山大学)、山中浩司(大阪大学)

講師紹介: 1955年京都生まれ。三重大学医学部卒業後、国立循環器病センター医師、大阪厚生年金病院内科医長、大阪警察病院循環器科医長、米国メイヨー・クリニック・リサーチフェロー、大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻准教授などを経て、2013年4月から17年3月まで大阪樟蔭女子大学教授、17年4月から大阪大学人間科学研究科未来共創センター招へい教授。医学博士。循環器科専門医。心療内科医。中高年のメンタルケアに取り組み男性更年期外来を開設、夫の言動が原因で罹患する妻の病気、「夫源病」の提唱者。自転車で発電する日本原始力発電所協会創設者。「妻の病気の9割は夫がつくる」「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略」など著書多数。

お問合せ・参加ご希望の方は下記までメールをお送りください。Zoomのリンクをお知らせします。

メールの送り先:bunka(アットマーク)hus.osaka-u.ac.jp (アットマークを@に変えてください)

主催:生き方死に方を考える社会フォーラム
共催:大阪大学人間科学研究科附属未来共創センター/大阪大学医療人文学研究会

公開シンポジウム「少子高齢社会の男と介護」

生き方死に方を考える社会フォーラム公開シンポジウム

(大阪大学人間科学研究科未来共創センター共催)

「少子高齢社会の男と介護」

少子高齢社会もいよいよ深刻になる時代、女性の職場進出がますます求められれば、男性の介護への進出もますます求められます。介護する、介護される男性をめぐって、男性介護研究の第一人者で、『ケアメンを生きる: 男性介護者100万人へのエール』の著者、津止正敏先生を迎えて、男と介護の問題を考えます。

日時:2019年3月17日(日)午後2時〜5時
場所:大阪大学中之島センター 3階 304号室
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53 TEL 06-6444-2100
京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分
※タクシーでお越しの際は、近隣施設や建物に中之島センタービル等類似した名称の建物がございますので、「大阪市立科学館 北側の『大阪大学中之島センター』」とお伝えください。

第一部 「男と介護—介護する・介護されるをめぐって」
話し手:津止正敏(立命館大学産業社会学部教授)
第二部 会場とのフリートーク
司会:伊藤公雄

入場無料、申し込み不要です。当日直接会場にお越し下さい。
お問合せは下記まで。
565-0871 吹田市山田丘1-2 大阪大学人間科学研究科 文化社会学研究室 山中浩司
FAX: 06-6879-8078   mail: yamanaka(アットマーク)hus.osaka-u.ac.jp

公開シンポジウム「中高年・高齢男性の生き方再考」

生き方死に方を考える社会フォーラム公開シンポジウム
「中高年・高齢男性の生き方再考」

日時:2017年12月10日(日)午後2時〜5時
場所:大阪大学中之島センター 5階 507号室

第一部 「夫原病の原因にならないために」
話し手:石蔵文信
第二部 ラウンドテーブル「『定年後』を読む」
石蔵文信、伊藤公雄、阪本俊生、山中浩司

〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53
TEL 06-6444-2100
京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分
※大阪大学中之島センターは、中之島駅の東、 正面玄関は中之島通に面しております。 10階建ての最上階がガラス張りで薄緑色に見える建物です。

入場無料、申し込み不要です。当日直接会場にお越し下さい。

共催:大阪大学人間科学研究科未来共創センター

お問合せは下記まで。
565-0871 吹田市山田丘1-2 大阪大学人間科学研究科 文化社会学研究室 山中浩司
FAX: 06-6879-8078, mail: yamanaka(アットマーク)hus.osaka-u.ac.jp

 

公開シンポジウム「再び終末期について考える~大村英昭先生を偲ぶ」のご案内

生き方死に方を考える社会フォーラム
公開シンポジウム「再び終末期について考える~大村英昭先生を偲ぶ」

日時:2016年10月30日(日)午後2時〜5時

会場:大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール

会場への行き方は、こちらをご覧ください。→大阪大学中之島センター アクセスマップ

第一部 大村影昭さんを囲んで 大村英昭先生の5年間

話し手:大村影昭(浄土真宗本願寺派圓龍寺住職、大村英昭先生ご子息)

聞き手:山中浩司、石蔵文信

第二部 ラウンドテーブル 「退き際のダンディズム」をめぐって
コメンテーター:伊藤公雄、石蔵文信、阪本俊生、橋本満
司会:山中浩司

事前申し込み不要です。どなたでもご自由にご参加いただけます。

公開講演会「みとりと社会」のご案内

生き方死に方を考える社会フォーラム公開講演会
みとりと社会

日時:2014/12/7(日) 14:00-17:00
場所:大阪大学中之島センター3F 304講義室
会場への行き方は、こちらをご参照ください。

第1部 講演 國森康弘 氏 (フォトジャーナリスト)
いのちをつなぐということ~看取りの現場に想う

第2部 フリーディスカッション

「あたたかで幸せな生死を伝えること」「いのちの有限性と継承性」をテーマに、「看取り」の現場を写し続けているフォトジャーナリストの國森康弘さんをお招きします。國森さんは、「看取り」を「いのちをうけつぐバトンリレー」と表現されています。現場での経験をふまえたお話を通して、わたしたちの「生き方死に方」をもう一度考え直してみたいと思います。

講師紹介
國森康弘氏
 写真家、ジャーナリスト。1974年生まれ。京都大学経済学研究科修士課程終了、神戸新聞記者を経てイラク戦争を機に独立。イラク、ソマリア、スーダン、ウガンダ、ブルキナファソ、カンボジアなどの紛争地や経済貧困地域を回り、国内では戦争体験者や野宿労働者、東日本大震災被災者の取材を重ねてきた。近年では看取り、住宅医療、地域包括ケアの撮影に力を入れ、滋賀・永源寺地域の花戸貴司医師らに同行取材している。第22回(2012年度)けんぶち絵本の里大賞、2011年度上野彦馬賞、ナショナルジオグラフィック国際写真コンテスト2009日本版優秀賞など受賞。
 著書に、写真絵本『いのちつぐ「みとりびと」』第1集、第2集(農文協)、『家族を看取る』(平凡社)、『証言 沖縄戦の日本兵』(岩波書店)などがある。
www.kunimorifoto.net/

※本シンポジウムは、申し込みが必要です。

申し込みは、先着順で100名までといたします。必ずメール、FAX、郵送のいずれかで、氏名、人数、返信用連絡先を明記の上お申し込みください。電話でのお申込みはできません。会場のお問合せは中之島センターまでお願いします。なお、満席の節はご容赦ください。

主催:「生き方死に方を考える社会フォーラム」
共催:「大阪大学医療人文学研究会」

連絡先:〒565-0871 吹田市山田丘1-2 大阪大学人間科学研究科(山中浩司)
Fax 06-6879-8078e-mail: yamanaka(アットマーク)hus.osaka-u.ac.jp