「featured」タグアーカイブ

公開シンポジウム 「心霊(たましい)の行方について考える」

日時:2014/8/16(土) 13:30-17:00
場所:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール

第1部講演 「心霊(たましい)」 の行方について考える 
大村 英昭 氏 (僧侶・相愛大学教授)

第2部対談 日本仏教と「供養」
大村 英昭 氏   釈 徹宗 氏 (僧侶・相愛大学教授)

現代人の、また現代人にとって、心霊(たましい)の行方をどう考えるべきでしょうか。人類史上決して消えることのない古くて新しい問題について、僧侶として、また自身のガン体験を通じて考えるところを大村英昭が忌憚なく語りました。第二部では、同じく僧侶として現代人に寄り添う活動を続けておられる釈 徹宗先生にご参加いただき、みなさんとともに、日本仏教と「供養」について考えました。

続きを読む

公開シンポジウム「続 男もつらいよ~夫源病の著者に聞く男の生きづらさ」

日時:2013年7月15日(月・祝)午後1時30分―5時 場所:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール

第1部講演「長寿時代の男性の生き方:太く短くから細く長くへの転換」 石蔵文信(医師・大阪樟蔭女子大学教授)

第2部 ラウンドテーブル「超高齢社会と男性の生き方」 パネリスト 石蔵文信 伊藤公雄(社会学者・京都大学教授) 大村英昭(社会学者・僧侶・相愛大学教授) 司会)山中浩司(社会学者・大阪大学教授)

第1部では、循環器科医師で『夫源病(大阪大学出版会)』の著者である石蔵文信先生をお迎えし、 著作の内容を踏まえ、教育現場、就職活動、家庭生活から退職後の生活においての「男性の生き方」についてお話を伺いました。先生のお人柄と共にユーモアあふれる内容で、会場は終始なごやかな笑いに包まれていました。 第2部は、伊藤公雄先生と大村英昭先生も交えたラウンドテーブル形式のディスカッションです。

続きを読む

公開シンポジウム「病気になっても早死にしてもいい生き方」

日時:2012年11月3日(土)午後1時30分―5時 場所:大阪大学中之島センター10F 佐治敬三メモリアルホール

第一部 講演「日本人の死に時」 久坂部羊先生(作家・医師)

第二部 鼎談「人生の降り方」 久坂部羊先生 中村仁一先生(医師・同和園診療所) 大村英昭(僧侶・相愛大学)

第一部では、高齢者施設や在宅医療の現場で医師として働きながら、数多くの話題作を発表してきた作家・久坂部羊先生に、ご自身の体験に基づく興味深いお話をうかがいました。長生きが幸福につながると一概にいえないのと同じように、病気や短命でさえ必ずしも悪いことばかりではない、と先生は話されます。第二部は、過剰な医療に警鐘をならす医師の中村先生、社会学者であり僧侶でもある立場から「生と死」を見つめる大村先生との鼎談です。詳細はどうぞビデオをご覧ください。

続きを読む