公開シンポジウム「少子高齢社会の男と介護」

生き方死に方を考える社会フォーラム公開シンポジウム

(大阪大学人間科学研究科未来共創センター共催)

「少子高齢社会の男と介護」

少子高齢社会もいよいよ深刻になる時代、女性の職場進出がますます求められれば、男性の介護への進出もますます求められます。介護する、介護される男性をめぐって、男性介護研究の第一人者で、『ケアメンを生きる: 男性介護者100万人へのエール』の著者、津止正敏先生を迎えて、男と介護の問題を考えます。

日時:2019年3月17日(日)午後2時〜5時
場所:大阪大学中之島センター 3階 304号室
〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53 TEL 06-6444-2100
京阪中之島線 中之島駅より 徒歩約5分
※タクシーでお越しの際は、近隣施設や建物に中之島センタービル等類似した名称の建物がございますので、「大阪市立科学館 北側の『大阪大学中之島センター』」とお伝えください。

第一部 「男と介護—介護する・介護されるをめぐって」
話し手:津止正敏(立命館大学産業社会学部教授)
第二部 会場とのフリートーク
司会:伊藤公雄

入場無料、申し込み不要です。当日直接会場にお越し下さい。
お問合せは下記まで。
565-0871 吹田市山田丘1-2 大阪大学人間科学研究科 文化社会学研究室 山中浩司
FAX: 06-6879-8078   mail: yamanaka(アットマーク)hus.osaka-u.ac.jp

**********
このページは会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は会員登録をお願いします。

【旧サイトでユーザ登録された方へ】登録されたパスワードでログインできない場合は、お手数ですがパスワードをリセットし、あたらしいパスワードでログインを行なってください。>>パスワードリセット

既存ユーザのログイン
   

生き方死に方を考える社会フォーラムについて

フォーラムの歴史、趣旨、活動

「生き方死に方を考える社会フォーラム」は、2009年10月に、大村英昭(関西学院大学社会学部(当時))石蔵文信(大阪大学医学系研究科(当時))伊藤公雄(京都大学文学研究科)阪本俊生(南山大学経済学部)山中浩司(大阪大学人間科学研究科)が発起人となり、先進国でも突出して高い自殺率、史上類を見ない超高齢社会に突入した現代の日本社会における生と死のあり方を考え直す場として提案されました。渡邊太(大阪大学人間科学研究科)古川岳志(大阪大学人間科学研究科)心光世津子(大阪大学医学系研究科)らの若い研究者の賛同と援助も得ながら、不定期にシンポジウムなどを開催しながら、一般の参加者やゲストにお招きする先生方と広い社会ネットワークを形成できればと考え活動を行っております。現在フォーラムで扱っています問題は、自殺問題、終末期医療、死に方の問題などです。

当HPでは、フォーラムの活動や、そこから広がるネットワーク形成のための情報提供を行って行きたいと考えております。みなさまの忌憚のないご意見、ご批判、ご感想をお待ちしております。

メンバー

発起人

ikikata-omura
大村英昭(相愛大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-ishikura
石蔵文信(大阪樟蔭女子大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-ito
伊藤公雄(京都大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-sakamoto
阪本俊生(南山大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-yamanaka
山中浩司(大阪大学)
メッセージ映像(会員向け)

賛同人

渡邊 太(大阪大学) 古川岳志(大阪大学) 心光世津子(大阪大学)

お問い合わせ先

565-0871 吹田市山田丘1-2 大阪大学人間科学研究科 文化社会学研究室
山中浩司
TEL/FAX: 06-6879-8078
yamanaka@hus.osaka-u.ac.jp

超高齢社会における生と死のあり方を考える