石蔵文信と考えるコロナ禍での死生観 (Zoomミーティング)

生き方死に方を考える社会フォーラム
「石蔵文信と考えるコロナ禍での死生観」
→イベントチラシはこちら


コロナ禍でがんになってわかること、思うこと。石蔵文信氏が考える生き方死に方をシリーズでお届けします。第一弾は「コロナ禍での死生観」です。

日時:2021年5月23日(日) 14:00-16:00
オンライン開催(Zoomミーティング)

講師:石蔵文信(大阪大学 人間科学研究科 附属未来共創センター 招へい教授)
パネリスト:伊藤公雄(京都産業大学)、阪本俊生(南山大学)、山中浩司(大阪大学)

講師紹介: 1955年京都生まれ。三重大学医学部卒業後、国立循環器病センター医師、大阪厚生年金病院内科医長、大阪警察病院循環器科医長、米国メイヨー・クリニック・リサーチフェロー、大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻准教授などを経て、2013年4月から17年3月まで大阪樟蔭女子大学教授、17年4月から大阪大学人間科学研究科未来共創センター招へい教授。医学博士。循環器科専門医。心療内科医。中高年のメンタルケアに取り組み男性更年期外来を開設、夫の言動が原因で罹患する妻の病気、「夫源病」の提唱者。自転車で発電する日本原始力発電所協会創設者。「妻の病気の9割は夫がつくる」「なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略」など著書多数。

お問合せ・参加ご希望の方は下記までメールをお送りください。Zoomのリンクをお知らせします。

メールの送り先:bunka(アットマーク)hus.osaka-u.ac.jp (アットマークを@に変えてください)

主催:生き方死に方を考える社会フォーラム
共催:大阪大学人間科学研究科附属未来共創センター/大阪大学医療人文学研究会

**********
このページは会員限定です。会員の方はログインしてください。会員ではない方は会員登録をお願いします。

【旧サイトでユーザ登録された方へ】登録されたパスワードでログインできない場合は、お手数ですがパスワードをリセットし、あたらしいパスワードでログインを行なってください。>>パスワードリセット

既存ユーザのログイン
   

生き方死に方を考える社会フォーラムについて

フォーラムの歴史、趣旨、活動

「生き方死に方を考える社会フォーラム」は、2009年10月に、大村英昭(関西学院大学社会学部(当時))石蔵文信(大阪大学医学系研究科(当時))伊藤公雄(京都大学文学研究科)阪本俊生(南山大学経済学部)山中浩司(大阪大学人間科学研究科)が発起人となり、先進国でも突出して高い自殺率、史上類を見ない超高齢社会に突入した現代の日本社会における生と死のあり方を考え直す場として提案されました。渡邊太(大阪大学人間科学研究科)古川岳志(大阪大学人間科学研究科)心光世津子(大阪大学医学系研究科)らの若い研究者の賛同と援助も得ながら、不定期にシンポジウムなどを開催しながら、一般の参加者やゲストにお招きする先生方と広い社会ネットワークを形成できればと考え活動を行っております。現在フォーラムで扱っています問題は、自殺問題、終末期医療、死に方の問題などです。

当HPでは、フォーラムの活動や、そこから広がるネットワーク形成のための情報提供を行って行きたいと考えております。みなさまの忌憚のないご意見、ご批判、ご感想をお待ちしております。

メンバー

発起人

ikikata-omura
大村英昭(相愛大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-ishikura
石蔵文信(大阪樟蔭女子大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-ito
伊藤公雄(京都大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-sakamoto
阪本俊生(南山大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-yamanaka
山中浩司(大阪大学)
メッセージ映像(会員向け)

賛同人

渡邊 太(大阪大学) 古川岳志(大阪大学) 心光世津子(大阪大学)

お問い合わせ先

565-0871 吹田市山田丘1-2 大阪大学人間科学研究科 文化社会学研究室
山中浩司
TEL/FAX: 06-6879-8078
yamanaka@hus.osaka-u.ac.jp

超高齢社会における生と死のあり方を考える