「コロナ時代に考える日本人の意志決定のあり方」

生き方死に方を考える社会フォーラム

「コロナ時代に考える日本人の意志決定のあり方」

日時:2022年9月10日(土) 14:00-17:00
オンライン開催(Zoomミーティング) 参加申込受付中!

日本では自分の意志をはっきりと示すことに抵抗を感じる場面が多くあります。組織での会議しかり、政策決定しかり、グループワークしかり、終末期の医療しかりです。その結果、たまたま声の大きい人の意見が通って不満がたまったり、空気の読み合いの結果もっとも不合理な結論になったり、はたまた何も決めないことを決めてしまうということが起こりがちです。コロナ禍のように、集団の圧力が強く働く時代にはますますその傾向が強まるようにも見えます。今回のフォーラムでは、終末期における当事者の意思表明の仕方を中心に、パネリストと参加者でこの問題について議論をしたいと思います。テーマに関心がおありの方はぜひご参加ください。

パネリスト:
石蔵文信(大阪大学人間科学研究科附属未来共創センター 招へい教授)
伊藤公雄(京都産業大学現代社会学部 教授)
阪本俊生(南山大学経済学部 教授)
古川岳志(大阪大学 非常勤講師)
平野孝典(桃山学院大学社会学部 准教授)
山中浩司(大阪大学人間科学研究科 教授)

参加ご希望の方は下記までお知らせ下さい。リンクをお知らせします。
お問合せ:bunka(アットマーク)hus.osaka-u.ac.jp

主催:生き方死に方を考える社会フォーラム

生き方死に方を考える社会フォーラムについて

共催:大阪大学人間科学研究科附属未来共創センター
共催:大阪大学医療人文学研究会

 

会員情報再登録のお願い

この度、当サイトのメンテナンスが必要となり、これまでに登録いただいた皆さん全員のユーザー情報を削除いたしました。(作業日・2022年9月7日)

お手数をおかけして申し訳ありませんが、もう一度、会員登録の手続きをお願いいたします。

生き方死に方を考える社会フォーラムについて

フォーラムの歴史、趣旨、活動

「生き方死に方を考える社会フォーラム」は、2009年10月に、大村英昭(関西学院大学社会学部(当時))石蔵文信(大阪大学医学系研究科(当時))伊藤公雄(京都大学文学研究科)阪本俊生(南山大学経済学部)山中浩司(大阪大学人間科学研究科)が発起人となり、先進国でも突出して高い自殺率、史上類を見ない超高齢社会に突入した現代の日本社会における生と死のあり方を考え直す場として提案されました。渡邊太(大阪大学人間科学研究科)古川岳志(大阪大学人間科学研究科)心光世津子(大阪大学医学系研究科)らの若い研究者の賛同と援助も得ながら、不定期にシンポジウムなどを開催しながら、一般の参加者やゲストにお招きする先生方と広い社会ネットワークを形成できればと考え活動を行っております。現在フォーラムで扱っています問題は、自殺問題、終末期医療、死に方の問題などです。

当HPでは、フォーラムの活動や、そこから広がるネットワーク形成のための情報提供を行って行きたいと考えております。みなさまの忌憚のないご意見、ご批判、ご感想をお待ちしております。

メンバー

発起人

ikikata-omura
大村英昭(相愛大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-ishikura
石蔵文信(大阪樟蔭女子大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-ito
伊藤公雄(京都大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-sakamoto
阪本俊生(南山大学)
メッセージ映像(会員向け)
ikikata-yamanaka
山中浩司(大阪大学)
メッセージ映像(会員向け)

賛同人

渡邊 太 古川岳志 心光世津子(大阪大学)

お問い合わせ先

565-0871 吹田市山田丘1-2 大阪大学人間科学研究科 文化社会学研究室
山中浩司
TEL/FAX: 06-6879-8078
yamanaka★hus.osaka-u.ac.jp

上記メールアドレスの「★」を「@」に置き換えてください。

超高齢社会における生と死のあり方を考える